「ほっ」と。キャンペーン

越戸せせらぎ通りの風景から

everywalk.exblog.jp
ブログトップ

エリック・クラプトン東京公演 2011

a0157260_21114064.jpg
日本武道館は実に久しぶり。1988年のピンク・フロイド以来だから23年ぶり・・・

クラプトンのステージは最高でした。
オープニングを飾ったブラインド・フェイスのHad to Cry Todayにとりはだがたち。
トラフィックのGladに感動。
クラプトンのWonderful Tonightにうっとり。
アンコール2曲目のCocaineで完全燃焼しました。

クラプトンのギターは最高だったし、
初めて見たウィンウッドのギターもいい味だしてた。
ハモンドオルガンの音色が何とも言えず、
スティーブ・ガッドのドラムもよかった!

クラプトン1945年、ウィンウッド1948年、ガッド1945年生まれと、いいオジサマたちだけれど、パワフルで衰えを全く感じないステージでした。
[PR]
by broadcastcolor | 2011-12-08 21:37 | 日常のはなし | Comments(0)