越戸せせらぎ通りの風景から

everywalk.exblog.jp
ブログトップ

THE DOOBIE BROTHERS

a0157260_1835256.jpg

Livin' On The Fault Line(運命の掟)はドゥービー7枚目のアルバム。リリースは1977年。オリジナルメンバーだったトム ジョンストンが抜け、スティーリー ダンのメンバーだったジェフ バクスターとマイケル マクドナルドが加わり、サウンドが大きく変化始めた頃のアルバム。ドゥービーの顔とも言えるパトリック シモンズの歌声が消えたサウンドを、どう受け止めて良いのか戸惑った記憶がある。手に入れたアルバムはこれが最後だから納得しなかったのかも知れない。スティーリー ダンは好きなんだけれどね。

このアルバムが出る前年、初来日のコンサートを観に武道館に足を運んだ。演奏曲は往年の名曲が多かったし、Drumsが2人という強力なリズムセクションが奏でるサウンドは最高だった。
[PR]
by broadcastcolor | 2011-01-18 18:31 | Comments(0)